BLOG
TOP > BLOG-INDEX > 【SCaD HOUSE Ⅵ 立川高松町 第一期 全1棟 新築工事】現場レポート②

2019-10-19 13:44:56
カテゴリー :

【SCaD HOUSE Ⅵ 立川高松町 第一期 全1棟 新築工事】現場レポート②

SCaD HOUSE Ⅵ 立川高松町 第一期 全1棟 新築工事の配筋検査を実施しました。

基礎配筋は基礎コンクリートの骨組みに当たる鉄筋のことで、建物の耐久性や強度に直接影響する、とても重要なもののひとつです。

コンクリートを流し込んでからでは見ることが出来ないため、検査は慎重に厳しく行います。

チェックポイントは沢山ありますが、基本は設計図と一致しているかどうかの確認です。

本数や位置、かぶり、鉄筋と鉄筋の間隔、また使用している鉄筋の太さが設計図通りであるかを、ひとつひとつチェックしていきます。

検査は無事合格し、次はスラブ打設へと進みます☆